イメージ画像

病院薬剤師がチーム医療の一員として働くこと

近頃ではチーム医療を主流とする考え方が一般的になっています。 チーム医療とは「医師」「看護師」「薬剤師」などの医療スタッフが連携して患者様への治療をする考え方です。 また医薬品は次々に新薬ができてきて「副作用の留意」「新薬の安全性」「薬剤の効果」など薬剤師が勉強しなければならないことは数多くあります。

薬局やドラッグストアに来店される患者様と病院に来られる患者様の質は異なっており治療を必要とするので処方する薬も複雑です。 病院薬剤師の負担は軽減されていますが、それは外来患者様の薬は調剤薬局で処方されるケースが増えているからです。

その反面、入院患者様との関わりあいが増えてきており重篤な患者様には細心の注意を払う必要がありチーム医療の必要性が叫ばれてきたのです。

ここでは、病院薬剤師がチーム医療の一員として働くことについてお話をします。

医師など一部の医療スタッフに必要以上の負担がかかってしまい円滑な治療体制が維持できなくなったこと――これがチーム医療が確立された背景です。 同時に医療そのものが高度化し「各分野の専門家が手分けして患者様に対処することが効率的である」こともチーム医療の後押しになっています。

高齢化社会に入った日本では入院患者様も高齢者が目立ち、これまで以上に丁寧な配慮が医療スタッフに求められます。 当然、薬のスペシャリストとしてお子さまから高齢者まで薬の処方は求められます。 それ以外に「社会復帰を想定した薬物療法の向上に尽力すること」にも期待を寄せられています。

薬剤師の役割はチーム医療の中でも大きくなりつつあります。 患者様が入院されると注射や点滴は欠かせなくなります。 最近では注射薬や点滴のセット業務は薬剤師が担当することになっており、より安全に投薬できる体制ができています。

以上、病院薬剤師がチーム医療の一員として働くことについてお話をしました。 病院薬剤師の重要性はどんどん高まっており責任も重くなってきています。 「これまでの経験を病院薬剤師として発揮したい」と考えている意欲的な薬剤師が増えてきているようです。

このページの先頭へ