イメージ画像

薬局での調剤業務の流れ

粉薬を量ったり錠剤を数えるだけが調剤業務ではありません。 医師が記載した処方箋をみて薬学的・医学的・法律的に問題がないか検討し確認をした後、薬を調製して患者様に渡すことが徴税です。

ここでは、処方箋の説明と薬局での調剤業務の流れをご説明いたします。

医師が特定の患者様の病気を治療するために作成した薬の調合法と服用法の指示書のことを<処方箋>と呼んでいます。 処方箋の種類は「注射処方箋」「麻薬処方箋」「入院処方箋」「外来処方箋」があります。 調剤は薬剤師の占有業務となっており薬剤師資格を持っている人にしかできない業務です。

しかしながら医師の処方箋を勝手変えたり、薬剤師が患者様に適した薬を自由に調剤したりはできません。 医師の処方せんに基づき調剤をすることが薬剤師法によって義務化されています。 けれども処方内容に間違いがある場合や疑問がある場合は、処方箋に書かれていてもそのまま調剤しては駄目です。

処方箋に従った薬を準備するのではなく処方箋の内容に間違いがないか確認するのも大切な目的なのです。 薬剤の間違いは絶対にあってはいけないですから正確に作業することが必須です。 調剤した薬剤師とは別の薬剤師が「鑑査」(=その薬に対し再度チェックを行うこと)をしてミスを防ぐ工夫がされています。

次に薬局での調剤業務の流れをご説明いたしましょう。 第1段階は処方監査で処方箋をチェックします。 法律で決められている事項がキチンと記載されているのかを確認します。

第2段階は薬袋の作成です。 法律で決められている記載事項も漏れなく記入します。 必要に応じて冷蔵保存など保管方法や服用の注意点なども記載します。

第3段階は調剤です。 処方箋の指示に沿って記載されている薬剤を準備します。 錠剤やカプセルを粉砕するなど患者様の症状に応じて剤形を変える場合もあります。

第4段階は鑑査です。 調剤をした人と別の薬剤師がないように間違いがないか鑑査をします。 処方監査と同様に処方箋の内容を確認し、薬袋の記載内容を確認します。 処方箋と調合薬を照合して秤量や個数を確認して色・におい・メモリなどの内容を確認し、調剤薬剤の混合状況を必要器具の添付の有無もチェックします。

以上、処方箋の説明と薬局での調剤業務の流れをご説明いたしました。

このページの先頭へ