イメージ画像

服薬指導業務の大切さ

服薬指導業務というものを聞いたことがあるでしょうか。薬剤師の仕事のメインは、もちろん調剤・製剤になりますが、この服薬指導業務も、とても重要な薬剤師の仕事のひとつです。

服薬指導業務とは、薬の効果やリスク、飲み方、注意事項などを患者さんに直接説明する仕事内容のことを指します。最近は、薬の種類も、医薬品から、非医薬品、ジェネリック薬品など、多岐に及びました。

患者さんからしたら、何がなんだかよくわからず服用しているという例も少なくないのです。そんな不安を解消するため、そして正しく服用して最大限に効果が発揮できるようにするために重要となるのが、この服薬指導業務なのです。

この業務がなければ、患者さんは不安を抱えたまま服用を続けていくことになります。この状況は、精神的な面から、薬の効果を薄めてしまうどころか、気分的にも消して良い効果は生みません。薬剤師は、こういった面からも、患者さんとかかわっていくことができるのです。

薬剤師の仕事内容というと、すぐにイメージとして浮かぶのは、調剤・製剤だと思います。もちろん、その業務内容がメインとなるのですが、それだけではなく、納得した形で患者さんに薬を飲んでもらうというサポートの役割も、とても重要になるのです。

薬剤師は、資格としても薬剤を扱う許可を得ていますし、薬の知識も、ほかの誰よりも勝るプロフェッショナルであるべき立場です。その立場である以上、いつでも患者さんのことを考え、最善策を打ち出していく必要があります。そのため、服薬指導は、薬剤師にもっとも向いている業務内容なのです。

もちろん医師や看護師が行うこともできますが、薬の知識を総合的に考慮していける薬剤師だからこそ、できるアドバイスも多くあります。

服薬指導を通して、今まで培ってきた多くのノウハウや知識を生かし、患者さんの不安をうまく融解してあげてください。調剤や製剤のみならず、こういった面からも、薬剤師は必要とされているのです。

このページの先頭へ