イメージ画像

薬剤師の転職事情

一口に薬剤師といっても、その中身は様々です。もちろん、メインは調剤や製剤となりますが、病院の大きさによって、またどのような職場に勤務しているかによって、それに付随する内容が変わってくるのです。

企業の開発部門になった場合は、調剤や製剤の知識に加えて、研究に焦点を当てた発想が必要となります。患者さんと直接やり取りするわけではないですが、その企業理念にのっとり、どのような商品となって世に出て行くかを据え、発想をまわしていかなくては成りません。

病院では、患者さんからの薬に対する疑問質問に対応しなければなりませんし、その薬を上手く服用できない場合には、別の形状を考慮するなど、薬のこと、そしてその患者さんのことを熟知していく必要があります。

ドラッグストアでは、買いに来た人が何を求めているのかを話から把握し、応対していくコミュニケーション能力が必須です。ちなみにOTCなどドラッグストアの薬剤師求人に興味のある方は、下記サイトが参考になると思います。

薬剤師は、専門の資格を有していないとなれない職業であり、そしてかなり特異な専門性を持っています。それに付随して、自分はどういった薬剤師像を想像しているのかによって、状況は大きく変わってきます。

患者さんと直接コミュニケーションがとりたいのに、研究開発部門にいては、自分の希望する姿にはなることができません。そのように、薬剤師では、自分の興味や知識、スキルが生かせないという悩みを抱え、転職を考えるといった例が非常に多くあるようです。

薬剤師は、今までに培ってきたその知識を生かすだけでなく、どのように生かしたいのか、どうその知識を使って生きたいのか、といったことが重要に成ってきます。自分の希望を上手く生かせないのなら、是非、転職を考えましょう。

医療現場の中でも、医師・看護師・薬剤師は、数が足りないところが多いのが現状です。通常の正社員の中では、転職がマイナスのイメージになるといったことがよくありますが、薬剤師はそういったことを心配する必要が無いのです。自分が思いっきり羽を伸ばせる、そんな職場と出会えることを願っています。

このページの先頭へ