イメージ画像

求められている薬剤師とは

いまや薬剤師は、免許だけではなく、様々なスキルが問われる職業となっています。従来は、薬剤師求人は免許があれば好きに働ける職業として人気でした。

でも、今はそのようなスタイルはなくなり始めています。これは、従来のスキルを証明するための薬剤師免許という位置づけから、現場で活躍できる人材という位置づけまで求めるラインが変動したためです。

求められているのは、薬剤師としての専門知識はもちろん、実際の現場で臨機応変に対応していける人材なのです。具体的に、求められている薬剤師とは何でしょうか。薬剤師は、患者と向き合っていかなければならない職業です。

患者のことを直接見るわけではありませんが、薬という重要な治療材料を通し、患者と向き合い、その態度などから、患者に元気を与えていく職業でもあるのです。薬剤師は、ただ患者さんに薬を提供していくだけの仕事ではありません。

薬の提供を通し、患者と交流して、ともに「治していく」職業なのです。薬からのアプローチであるならば、どのような薬のタイプが飲みやすいのか、アレルギーなどの反応はないか、しっかり効いているかどうかを確認し、改善していく必要があります。

直接的なアプローチとしては、どのようにその病気に立ち向かっていくか話し合ったり、その病気改善のためのプロセスをともに考えたりします。本来自分が持てる人間としてのスキルを最大限まで生かしつつ、全力で発揮していける人材が、今、薬剤師として求められているのです。

薬剤師は、医師などと違い、直接的なアプローチへの意識が薄くなちです。でも、サポート役として、誰よりも大きな力を持っているのです。どんな場所に勤務しようとも、薬を扱うプロであることに変わりはありませんし、プロ意識を持っていなくてはいけません。

自分の意識を高く持ちながら、スキルを伸ばし、そして発揮していくこと、 それができれば、どこへ行ってもうまくやれるはずです。 高みを目指せる人材になれるよう、努力していきましょう。

このページの先頭へ