イメージ画像

薬剤師が転職を考える理由

転職の理由は、人それぞれです。転職の理由も、転職の時期も、完全に個人によって変わってきますので、どの時期が向いているということは、あまりありません。薬剤師が転職を考える上で重要なのは、自分が転職をして、メリットがあるかどうかです(この点については以下のサイトが参考になります)。
薬剤師求人で参考にしたいサイト


薬剤師の転職事情は、事務職等に比べると、非常によい状態だとされています。これは、普通の職業に比べて、求人の情報量が多いことが上げられます。資格も必要な特殊な職業ですから、様々な場所からのニーズがあります。

自分は、今の状況の何が不満で、どう改善させていきたいのか、そういった未来を考えながら行っていけば、転職は失敗しないでしょう。

また、薬剤師の場合、選ぶ範囲が非常に多くあります。アルバイトやパートとしての薬剤師の募集形態だったり、非常勤として病院に勤めたりと、場所や時間帯によっても、豊富に種類があります。既婚しているからなどの理由で、フルタイム勤務が厳しかったとしても、自分の取れる時間や希望する給料携帯とあわせて、選んでいくことが可能なのです。

仕事は、うまく自分のライフスタイルとあわせていかないと、なかなかうまくこなしていくことができません。薬剤師はそれなりに体力も知識も必要な職業ですから、それが負担となって体を壊してしまっては、今までの苦労が水の泡になります。自分にいかに負担にならないように仕事をするかということも、転職をしていく上では重要なことになるのです。


薬剤師の転職先の選択肢は?

薬剤師の場合は、病院・調剤薬局・ドラッグストア製薬会社など、非常に幅広い範囲の職場がありますので、その給料形態と、時間などを総合的に考えながら、自分の求めている職場を探しましょう。以下では薬剤師におすすめの転職サイトを紹介してますので参考にしてください。

転職をするには、それなりの理由が必要になりますが、やはり転職するからには、自分にとっての利益がないと意味がありません。

せっかく転職したのに、今までよりもひどい勤務形態だったということになっては、本末転倒です。自分が求めているものが何か、明確にしながら、転職を行っていきましょう。


転職先を理解しよう:薬局から病院の場合

薬剤師の人が転職する理由について考えてみたいと思います。現在薬局で働いている薬剤師が、薬局ではなく病院へ転職したいと考える場合があります。その時の動機や目標といったものはどのようなものがあるのでしょう。

多くの場合、薬局ではなく病院で働きたい、と思うのは、より専門的な高度な仕事に関わりたいということのようです。薬局では、病院から処方された医師の処方箋に基づいて、薬を調合し、患者さんへお渡ししますが、多くの場合、調合や調剤とは名ばかりで、箱から薬を指定された分だけ取り出して袋に詰める、そういう機械的な作業がメインになってしまっています。

もちろん、患者さんには薬の説明や飲み合わせ、副作用などについて問い合わせることになりますが、どうしても事務作業的になりがちです。楽と考える人もいるかと思いますが、やりがいを感じない人がいるのも一方で確かです。

病院で働く場合、単に薬の調剤に限らなくなります。病院では、外来以上に症状の重い入院の患者さんもいますし、そのような人に対して、医師や看護師と話し合いながら、よりよい薬を見つけて、処方することになり、責任も重大ですが、それだけ人の役に立てるというやりがい、達成感は大きくなります。

また、新薬の開発に携わることもあるかもしれません。それだけ、仕事の幅が広がることになり、薬学への専門性も高まります。

一方で、慣れない環境で仕事をするわけですから、不安や知識不足などを感じることもあるかもしれません。そうした要素を少しでも取り除くために、研修制度が充実した病院や、病院未経験でも大丈夫というところを選ぶとよいでしょう。

あと、忘れてはいけないのは、勤務体系が変わるということです。薬局では原則として、定められた薬局が営業している時間が勤務時間でしたが、病院の場合は、入院患者や急な外来もあり、勤務が不規則です。シフト勤務や夜勤も覚悟しなければなりません。

安定したライフスタイルを求めている人には、ひょっとすると不向きな職場かもしれません。しかし、より高度な専門性ややりがいを求める人にとっては、病院での勤務は検討に値するものといえるでしょう。


転職先を理解しよう:ドラッグストアから薬局の場合

ドラッグストアで働いていた薬剤師の人が、薬局(調剤薬局)で働きたいと思い、転職をする理由はどのようなものがあるのでしょうか。ドラッグストアの中には、調剤薬局を併設しているところもあり、そうしたドラッグストアであれば、転職しなくとも、そうした薬剤師のニーズは満たされるのではないでしょうか。答えは、必ずしもイエスともいえない事情がそこにはあります。

ドラッグストアで働く薬剤師の人は、薬に関する業務だけを行うわけでは必ずしもありません。もちろん、お客様が薬を購入する場合は、アドバイスを適切に行ったり、薬の副作用などについて聞かれたりする場合もあります。薬の中には、薬剤師の説明が(法律で)必要なものもあります。

しかし、白衣を着ていても、ドラッグストアのほかの業務も行わなければなりません。つまり、レジでの対応や、商品の出し入れ、商品管理などの雑用や積極を任されることもあります。

そのドラッグストアの方針にもよるますが、こうした薬剤以外の業務がメインになってしまうこともあり得ます。調剤機能を併設しているところでも、自分が必ずしもそれを任されるとは限りません。

また、勤務時間の差も大きいです。薬局は通常、夕方(遅くても20時くらいまで)と営業時間は決まっていて、自分の時間を確保しやすいところですが、ドラッグストアの中には24時間営業のところもあり、不規則な勤務時間や夜勤、シフト制などで、ライフプランを立てづらいところもあります。

休暇についても同様で、薬局のほうが取りやすいところが多いようです。この差は、薬局へ転職する大きな理由となり得ます。

これでは、何のために薬剤師になったのかわからない、そういう思いを持つ薬剤師の人も多く、自分の知識やスキルを活かせる、薬局への転職を考えるもの無理がありません。自分にしかできない薬を処方するという仕事、それをやりがいにして、患者さんの健康のために仕事を行う、こういう思いを大切にすることは、決して悪いことではありません。

薬局の求人は非常に多く、専門の転職サイトも充実していますし、待遇もドラッグストア一般よりも高いところも多いようです。雑用から解放されて、自分のやりがいと責任を実感できる薬局での勤務は、大いに検討に値するものではないかと思います。

このページの先頭へ